課題の提出期限を守る

科目の難易度を見極める目を持とう

高い志のために通信制大学に入ったけど無事に卒業できるか心配だと不安に思っている人が多いのではないでしょうか。確かに通信制大学は入学という入り口は広いですが、卒業という出口は狭いといえます。その狭い出口である卒業まで進むためには、提出期限をしっかり守って課題を提出することです。課題をきちんと提出するポイントは、科目の難易度を見極めることです。実は通信制大学院の科目は、1日でレポートを書き終えてしまう科目から、テキストを読むだけでも1ヶ月近くかかってしまう科目までさまざまな難易度があります。課題をスムーズに提出するためには、難易度の低い科目をいかに選ぶかがポイントなので、科目の難易度を見極める目を持つことが大切です。

計画的に勉強することが大切

課題の提出期限を守るためには、科目の難易度を見極める以外にも計画的に勉強をすることが大切です。しかし計画的に勉強といっても具体的にどのように進めたらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。計画的に勉強をして課題の提出期限を守るためには、試験日もしっかり確認することがポイントになります。通信制大学で1つの単位を取得するためには、レポートの提出と試験に合格しなければなりません。したがってまずは試験日を確認して、その試験までに間に合うように課題を提出するようにしましょう。通信制大学院を卒業するためには、たくさんの単位を取得しなければならないので、取得できそうな難易度の低い単位をピックアップして試験日を表にすることが計画的に勉強する第一歩となります。

国語の教員免許を通信とは通信制大学で国語の教員免許を取得することをいい、決められた単位の取得や実習などをこなし国語教員の国家資格を取得することをいいます。