フォロー体制が充実している大学を選択

教職員にいつでも相談できる大学を見つけよう

通信制大学に入学して興味のある分野の学習をしたり、免許や資格の取得をしたりしたい場合には、全国の学生に対するフォロー体制が充実している大学を選択することが大事です。特に、学力に不安がある人や、思うように学習時間を取れない人は、各教科の教員とネット上で気軽に質問できる環境が整っている通信制大学を探しましょう。また、教育実習や福祉実習などのフォローの良し悪しは、それぞれの通信制大学の教育方針や教員の指導経験などによって大きく異なります。そのため、願書や公式サイトなどに目を通して、時間を掛けて志望校を決めることがおすすめです。その他、各地の通信制大学で開催されている入学相談会などに参加をして、卒業まで適切なフォローを受けられる大学を見極めるのも良いでしょう。

メディア授業のシステムが導入されている大学をチェック

メディア授業のシステムが導入されている通信制大学は、パソコンを使って都合が良い時間に繰り返して授業を受講できるため、自分のペースで苦手な分野を克服したり、仕事上の問題解決をしたい人にぴったりです。例えば、多くの社会人が在籍している通信制大学の中には、メディア授業を受講した後に、専用のツールを利用してネット上で担当教員にレポートの添削をしてもらえるところや、自宅に居ながら定期試験を受けられるところも増えています。なお、履修科目によってはメディア授業だけでは満足のいく学習ができないこともあります。そこで、定期的に行われるスクーリングの機会を利用したり、他の学生と情報交換をしたりして、自分に合った学習方法を選ぶことがおすすめです。

英語の教員免許を通信教育で獲得することができます。通信制大学を利用することでネット環境があれば勉強することができます。